BBA!!4th.開催!  

お檀家さんやたくさんの人々との縁を紡ぎ、また共同作業の場でもあるお寺では、様々な体験があるはずです。今回は、その中でいくつかの事例を材料にして、自分たちの体験をふまえて話し合いを進めることで、僧侶としてのあり方を各々摸索することが目的となります。4月20日、ぜひお集まり下さい。

上田紀行塾長より

P1000814.JPGボーズ・ビー・アンビシャス!!も4回目となりました。前回は7宗派から60人を超える方々が参集し、実にエネルギーのある場が出現しました。「仏教について、寺について、自分たち僧侶について、こんなに自由に語り合える場があったのか!」との声が あちこちから上がり、私自身もこの場から「がんばれ仏教!」が生まれていくのだと確信しました。その流れを引き継いでのボーズ・ビー・アンビシャス4th、楽しみです 。ぜひご参集ください!

参加要項

 【日程】    平成17年4月20日
 【対象】    青年僧侶
 【参加費】   500円
          ※昼食必要な方は800円。会終了後の懇親会へ参加される方は別途1000円必要となります。
 【問合せ】   ボーズ・ビー・アンビシャス事務局(青松寺内)03-3431-3087

会を終えて・・・参加者所感

P1070438.JPGQ.コミュニケーションワークはいかがでしたか?
・なんだかアメリカの大学生の授業のようで新鮮でした。
・とても充実したコミュニケーションをとることができました。
・はじめは不安でしたがとても有意義でした。
・普段行わないような自己紹介で楽しかったです。
・初対面の人と打ち解けることができてよかったです。
・今度お寺の子ども会でもしてみたいと思います。

Q.セッションはいかがでしたか?
・内容的にはとてもおもしろく時代にあったテーマだと思いました。
・もう少し話し合う時間がほしかったです。
・現実の苦しみ・悩み・悲しみに仏教者としてどうするのか。ここに一番の関心があります。
・最近このようなことを正面から語り合うことがめっきり少なくなっていました。いろいろな方の思いや考えを聞くことができて嬉しかったです。
・人と交わりを持ちながらともに悩み苦しみながら歩んでいければと思います。・僧侶として理想と現実。そのギャップをいかに埋めるか。
・お寺が今置かれている立場を、檀信徒との関係を改めて考えることができた。
・お互い困っていることをもっと話し合えれば、地方に帰った時に活かせると思いました。

Q.今後BBAで話し合ってみたいことは?
・若いがんばっているお坊さんの活動報告  ・発心について
・様々な活動をしているお寺や僧侶の方々に、なぜそれが可能なのか、何がちがうのか話し合いたい。
・墓地  ・儀式  ・葬儀  ・お布施  ・檀家制度のあり方  ・信仰心  ・自殺
・未来の寺のあり方  ・医学と仏教・ビハーラ  ・聖の問題
・日本人の宗教観で神道の人とも話してみたい
・寺・僧侶を活性化させるには  ・仏教の可能性
・寺を地域のコミュニティーにするには  ・寺院で行われている具体的な活動
・仏教と他宗教との相互理解について  ・寺院の中での死の準備教育
・葬儀社の人との本音トーク  ・寺は誰のものか!?

Q.どのような僧侶を目指していきたいですか?
・人々に安心を与えられるような僧侶(ほっとする・心が安らぐ・寺に行けば心が晴れる)
・とりあえず勉強しないと討論がままならないことがわかりました。がんばらねば。
・人に自信を持って道を指し示せる僧侶
・人にも自分にも厳しい僧侶  ・やる気と実践を両立する
・地元を舞台に様々な活動を実施中(地域に誇りを持つ人が育つことで世の中がよくなればと思っています)
・生と死、仏教の哲学、それをもっとも有効な方法で人々に伝えられる。それによって求められる表現者
・地域社会になくてはならない寺の住職でありたい。  ・聞く人、やさしい人、話しやすい人
・一緒に喜び、笑い、悩み、泣ける僧侶  ・ともに学ぶ
・子供や悩みをもつ人たちと同じ目線に立てるような僧侶になりたい
・ともに悩みながら゛今゛に応えていける僧侶  ・必要とされる僧侶  ・ファンクラブができるような僧侶
・僧侶らしい僧侶。控えめで、情け深く、分け隔てしない僧侶  ・人の痛みがわかる僧侶
・自分を整え、仏教についてもっと勉強する。  ・掟破りの人情熱い僧。
・寺に待つだけでなく縁を求め色々な場に赴いていきたいと思います。コツコツと地道に歩みを進めていきたいと思います。

P1070426.JPGQ.自由にお書き下さい
・次は仲間も引き入れて参加します。
・とてもすばらしいワークショップの数々でブラッシュアップさせていただきました。
・いい一日を過ごすことができました。幅が広がったように思います。
・初めて参加させていただきましたが、みなさんコクがあるのにキレがあって非常に刺激を受けました
・大変参考になり、また励みにもなりました。

▲ ページトップへ