ご縁を結ぶ





 式師さま、ご家族、お仲間の皆さまの前で


 おふたりが誓いの言葉を交わし


 両家のご先祖様へ、結婚の儀をご報告するともに


 参列者全員でおふたりの幸せをお祈りします

仏前結婚式の様子


蓮を型どった散華によりお堂を清め仏さまをお迎えします大太鼓の音色にあわせ親族友人が見守るなか入堂です荘厳なたたずまいの本堂式師さまによりお清め、お数珠授与などがなされます仏さま、御先祖へ良きご縁のご報告です三々九度、続いて親族固めの盃事を執り行いますあらたな門出に際し喜びと誓いの思いを述べますやわらかな光に満ち溢れた優しい印象の観音聖堂

仏前結婚式を挙げられたおふたりから・・・

善浪さんご夫妻

bura23.jpg私が初めて青松寺様の名前を知ったのはインターネットで仏前結婚式について検索している時でした。今まで見たことがない、洋装での結婚式をされているということや、これからの仏教について真剣に考えて活動されているお寺さんなんだと言うことを知り、失礼だと言うことを知りながらも、是非お願い出来たらと考えるようになりました。
青松寺様はそんな私たちを暖かく受け止めてくださり、仏前結婚式についての説明してくださいました。仏前結婚では、両家のご先祖様に誓いをするというとても尊いものであると感じました。いま、多くの方は仏教徒でも教会や神社で式を挙げたりすると思いますが、仏前にはほかにはない魅力があると思いました。どんな人もご先祖様なしには存在できない、今ここに自分の命が存在しているのはご先祖様あってのことで、そんなご先祖様に誓うということはすばらしいとことだと思います。
式の中で住職様に「これからは二人で一人、力を合わせ協力して生きていってもらいたい」といったお言葉をいただき、二人で生きていくことを強く心に決める事が出来ました。多くの方々に支えられ、今ここに私たちが存在していることをとても幸せに感じています。心に残るすばらしい式にしてくださり、ありがとうございました。
この度、ご縁をいただけたことに感謝いたします。

井島さんご夫妻

060729bridal1.jpg以前青松寺に坐禅に伺ったときに仏式の結婚式があることを知りました。お寺の方とのご縁もあったことから、歴史ある萬年山青松寺にて結婚式を挙げさせていただくことになりました。仏前での結婚式は出席する者がみな初めてでしたし、私自身が自分の宗派も知りませんでした。宗派が異なっていても、式を挙げることができたお寺の寛大さに感謝しております。
御本堂では厳かで、心地よい緊張感の中、式は執り行われました。私たちを含め、参加した方は新鮮な印象だったようで大変感動しておりました。お寺での式に出たことがなく不安がっていた母に「お寺での式っていうのもなかなかよいね。」と言われ、仏式にして本当によかったと改めて思いました。
お寺の方には朝早くからご準備をいただいた上に、着付けの為の部屋や招待者の控え室もご用意頂き、非常に感謝しております。7月ということもあり外は真夏の暑さでしたが、室内は過ごしやすく、中庭の松や境内の緑が青々と茂り、水景も豊富なお寺はとても都会の真ん中にいるとは思えない涼やかさでした。
一生記憶に残る式が出来たことを大切に思い、ご先祖様をはじめ多くの方に支えられているご縁に感謝し、ご住職から頂いたお言葉を大切に実践しながら、夫婦で力をあわせて生活していきたいと思います。

中島さんご夫妻

nakajimake.JPG青松寺様にご縁を得ることが出来、私たちは仏前結婚式を本堂にて挙げさせて頂きました。仏前式に出席したことのある人が周りにはいないこともあり、式を仏前で挙げると決まった後も期待と不安の交錯する気持ちでした。「双方の両親と一緒に入堂したい」「お酒に弱いので三三九度のお酒は少なめにお願いします」など、わがままをたくさん言ってしまったのですが、そうしたことにも快く耳を傾けて下さり、不安は消え、希望通りのお式をすることができました。
当日、大太鼓の鳴り響く中入堂した瞬間には、新たな人生の出発点を迎えるという厳かでありながらも心地よい緊張感で、身の引き締まる思いでした。式の最中は白無垢ということもあり思う ように動けなかった時もあったのですが、そういった時もさりげなくフォローしてくださり、安心して式に臨むことが出来ました。仏式結婚式というのは、現在あまりみることのない形態です。が、式を挙げてみて感じたのは「この仏前という形態が知られていないのはもったいない!」ということでした 。友人にも出席してもらえること(太鼓の入堂は「かっこいい」と大人気でした) 、式次第にアレンジがきくこと。そして式に来てほしい人の前で「いやあ、仏前式な んです」と頭をかくと、「ええっ。仏前式?私も見たい!!」と言ってもらえること 。あげればきりがないのですが、なによりも、お寺という場にあるあの清々しい雰囲気は、他には無いものではないかと思います。 青松寺で式を挙げられたことを、なによりの幸運だったと思っております。「式だけではなく、これ からも遊びに行こうね」と二人で話しているのですが、そう 思えるお寺に巡り会えたことで、これからの人生に大きな励ましを頂いた気持ちです。

安部さんご夫妻

abehusai1.jpg幾つかのご縁が重なって、平成16年4月17日、私たちは青松寺で仏前結婚式を挙げさせて頂くことができました。
御本堂での式は、厳かな雰囲気の中、重厚な太鼓の響きとともに始まった新郎新婦入場に引き続いて、三帰礼文唱和、盃事、新郎新婦誓約、寿珠授与、華燭献灯などが式師様の導きにより執り行われました。仏前結婚式は、私たちにとっても、同席した招待客の方々にとっても大変新鮮で、すべてが感動的なものでした。それと同時に、落ち着いた、どこか馴染みの深い空気に包まれた感覚でもありました。私たちの生まれ育った文化の中に深く根ざしている仏教は、きっと私たちの心の中のどこかに結びついているのでしょう。
私たちは、青松寺で結婚式を挙げていただこと、招待客の皆様にも心から喜ばれ、思い出深い一日とすることができました。そしてこの一生忘れ得ぬ良き日の思い出を大切に、夫婦共に心の支えとしてこれからの生活を築いて行きたいと思います。

里さんご夫妻

taiyou024.jpgありがたいご縁を得て私どもはここ、港区愛宕にある青松寺様にて結婚式を執り行うことができました。
仏前結婚式から披露宴、二次会に至るまでお寺様の暖かいご理解とご協力を得、この広い境内をいっぱいに使わせていただくことができました。ほんとうにありがとうございました。友人、知人には司会や進行、受付や案内係など頼れるだけ頼りきり、「結婚式というよりは合宿だった」「最高に心にのこる式だった(働いたから)」など、いろいろ想い出を作ってもらえたようで、語り草となっているのはありがたいような気がします。
お寺の皆様と、お仲人ご夫妻、スタッフとしてまめに働いてくれた友人達、心から楽しげに参列してくださったお客様、遠いところ駆けつけてくれた親族、そしてなによりも影で支えてくださった業者の方々。全員で作り上げた結婚式は何者にも代えがたい絆を私達に残してくださいました。このような経験が出来たことを心から感謝して、これからも、多くの皆様に恩返しをしてゆきたいと考えております。みなさま、どうぞこれからもご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

ページの先頭へ

お問い合わせ

※青松寺での結婚式をご希望の方は電話番号:03-3431-3514までご相談ください。