はなまつり
 ~どの生命もどの生命も、皆光り輝いている~

4月8日は何の日?

「はなまつり」とは何をお祝いする日でしょうか?
満開の桜の木の下でみんなでおいしいお弁当を広げて花見をすること?
確かにそれも花を愛でる「はなまつり」ですね。でもここでいう「はなまつり」とは違います。
c_hasu2w1.gif「はなまつり」とは、4月8日にお生まれになったお釈迦様の生誕をお祝いする日のことなのです。そして、お釈迦様がお生まれになった時、「天上天下唯我独尊」といわれたように、私たち一人一人のかけがえのない生命の尊さを思う日でもあります。

お釈迦様の誕生


doujizou21.jpgいまから2500年前のお話です。
インドのヒマラヤの山のふもとに、カピラバストゥという小さな国がありました。
ある夜、おきさきさまのマーヤーさまは、白い象が空からおりてきて自分のおなかにすーっと入る、不思議な夢をごらんになりました。それは王子様ご誕生を知らせる夢だったのです。
いよいよお生まれになる日が近づいてきましたので、マーヤ-さまは、ご自分のふるさとに帰ることになりました。その旅の途中、色とりどりの花が咲いているルンビニーの花園でひとやすみされようとしたその時、かわいい元気な男の赤ちゃんがお生まれになりました。
あたりには、うつくしい音楽がひびきわたり、甘い香りの雨がふりそそぎ、王子さまの体をきれいに洗い清めました。
すると王子さまは、すっくと立ち上がり、七歩あゆまれ、天と地を指さされ「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言われたのです。四月八日のことでした。
やがて王子さまは世の人々を救うおしゃかさまとなられました。
花まつりはこのおしゃかさまのお誕生をお祝いする日です。そして、わたしたちひとりひとりのかけがえのない命を寿ぎ、しあわせを願う日でもあるのです。

なぜ「花まつり」というの?

4月8日は、お釈迦様のお生まれになったお姿(誕生仏)を、ルンビニーの花園のように花でいっぱいにした花御堂に安置いたします。それで「はなまつり」と言うのですが、花は人の心をうつします。ひとつひとつは弱く見えても天地の恵みに支えられて年々歳々咲きます。
人も花と同じように支えられ、生かされているかけがえのないいのちを生きているのだと「はなまつり」の日に改めて自覚するのです。

花まつりの日には何をするの?

2006041001.jpgお釈迦様の誕生を祝って、御堂に花をいっぱいに飾り、誕生仏の上方から「甘い香りの雨」をそそぎます。この「甘い香りの雨」はお釈迦様がお生まれになったときに、天界の龍王が甘露の雨を天空からそそいだという伝説からきているものです。日本では、江戸時代よりおもに甘茶を「甘い香りの雨」としてもちいています。また、この甘茶で墨をすり、行なう次のようなおまじないもあるようです。
・害虫駆除効果
「千早振る卯月八日は吉日よ、かみさけ虫の成敗ぞする」という歌を短冊に書き、これを台所やお便所の柱や壁にさかさまに貼る(あるいは虫という字だけ逆さまに書く)
・雷避け
 「八大龍王茶」と書いて、天井に貼る

天上天我唯我独尊 ~天にも地にも尊いいのち~

bind_free049.jpgこの言葉は、「目を見開いて見渡せば、どの生命もどの生命も皆光り輝いている」という意味です。かけがえのないいのちの自覚をそれぞれの人に呼びかけているのです。
わたしたちはこのことに気づき、その尊いいのちを輝かせるために、あかるく、たのしく、なかよく生きることを実践しなければなりません。
時は春、いのちの芽吹く季節、一人一人が手をあわせ、いのちの尊さに思いをはせましょう

【ねがいのことば】
ブッダム、サラナム、ガッチャーミー (あかるく)
ダンマム、サラナム、ガッチャーミー (たのしく)
サンガム、サラナム、ガッチャーミー (なかよく)