仏教ルネッサンス塾 一時休校のお知らせ

上田紀行塾長より


ueda.jpg2003年5月に開講いたしました「仏教ルネッサンス塾」を2007年4月の第25回をもちまして、一時休校させていただくことになりました。
青松寺よりお誘いがあり仏教ルネッサンス塾プロジェクトを開始してから4年、日本仏教へのまなざしは確実に変化しました。仏教ブームともいうべき流れが生まれ、私自身の『がんばれ仏教!』の出版も仏教の社会的展開についての議論のきっかけを微力ながらも提供することができました。私たちの仏教ルネッサンス塾も現代社会における仏教への期待感を高めることにささやかながら寄与することができたと自負しております。
「仏教は期待できる!」と宣言した第一期の活動はひとつの到達点を迎えたと私たちは認識し、今後はいかにして具体的な展開が現実に可能になるのかという実践の取り組みへと比重を移すべきだと考えました。
若手僧侶たちによる「ボーズ・ビー・アンビシャス!」は青松寺にて今後とも今まで以上のエネルギーを持って継続されます。また上田は全国各地から招かれて、「がんばれ仏教!」と呼びかけ、仏教ルネッサンスの火付け役を精力的に行っています。仏教ルネッサンス塾の活動はいったん休止いたしますが、この仏教ルネッサンスの流れは途絶えることはないでしょう。
4年間にわたる、仏教ルネッサンス塾第一期の活動を支えてくださいました皆さまに心から感謝いたしますとともに、その流れをますます大きなものとしていくために、これからもぜひ力を合わせ進んでいければと思っております。

                              上田紀行


青松寺企画室長 佐々木雅敏より

都会の一寺院として境内と伽藍の復興を成し遂げた時、私たちはこれまであまり仏教に関心のなかった若者や多くの人たちに仏教の教えに目を向けて欲しい、そしてお寺での集いにおいて仏教に根ざした生き方を考え、「寺院と僧侶の立場からと、在家皆様の立場双方からの気付く場」を創出したいものと希っておりました。
そんな折に上田紀行先生と出会いました。先生は競争を是とする生き方に汲々とする人たちに根本的な意識改革を迫りました。外に価値基準を置くのではなく、よりよく生きるための生き方を新たに求めるよう提案しておられました。  
それはまさに個人の生き方を大切にしてきた仏教の考え方に触れるものでした。私たちが先生に塾長を願い出た所以です。
RIMG0031.JPGその後、実に多彩な講師陣に恵まれた有意義な塾が展開されたことは皆さまご存知のとおりです。毎回、懇親会も含めると6時間はゆうに越える時を講師方と共にし、「いいお話だった」だけで済ますことなく、先生方と親しく言葉を交わす中、一人ひとりがその生き方を考える場が繰り広げられました。毎回虚心に耳を傾けるお坊さん方の参加も嬉しいことでした。4年を経て、世には仏教に寄せる期待が増し、仏教界にも社会と協調した活発な動きが目立ってきております。また当塾より生まれたボーズ・ビー・アンビシャスでは宗派を越えた若者たちの僧としての生き方の模索の場が展開されております。上田塾長の獅子吼の奮闘も仏教界各方面に傾聴の波を巻き起こしている現状を見ることができます。
ここで一息つくことにいたしましたが、青松寺という恵まれた場を活かし、これからも上田先生と皆さまと共に智慧を寄せ合いながら、釈尊の願いに親しむ輪を広げていきたいものと、一寺院の立場から考えております。

仏教ルネッサンス塾

index20090101.jpg仏教ルネッサンス塾は「これまでの仏教の枠にとらわれることなく、時代に沿ったテーマを毎回設定し、斬新なゲストと共に仏教の役割、可能性を改めて探求しよう!」と、2003年5月にスタートしました。毎回多くの方々が参加され、熱く深い議論が行なわれる場となってきました。また、仏教関係の催しとは信じられないほど、若い世代がつめかける、エネルギーに満ちた場でもあります。たくさんの方々とともに仏教の生き生きとした可能性をひらいていきたいと願っています。ユニークな講師陣が目白押しです!
みなさん、ご参加下さい。

(青松寺事務局)

上田紀行塾長による開講の辞

ue1.jpgこの困難な時代に仏教はいったい何をなし得るのか!
「時代を切りひらく仏教」の探求が<仏教ルネッサンス塾>の目的です。新聞の論壇時評欄を3年間にわたって担当していたとき、私はなぜそこに仏教の立場からの議論がまったく聞こえてこないのか、もどかしく思ったものです。平和と戦争、グローバリズム、貧困問題といった世界大の問題から、キレる若者、子供の虐待、中年のリストラ死といった身近な問題に至るまで、仏教者の立場からの発言はほとんど聞こえてきません。
そう言うと、「それは仏教の対象とする問題ではないだろう」という声が聞こえてきそうです。しかし、仏教とは何よりも人間の「苦」に向き合い、その原因を深く探求することで、そこからの解放へと導こうとする教えではなかったのでしょうか。ブッダにせよ、宗派の祖師たちにせよ、時代と真摯に向き合い、そこでの苦悩に寄り添い、立ち向かっていったからこそ、その教えは人々に力を与え、時代を切りひらいてきたのではなかったでしょうか。

この<仏教ルネッサンス塾>では、これまでの仏教の枠にとらわれることなく、時代の核心を射抜くようなテーマを設定し、斬新なゲストとともに、仏教の可能性の探求を進めていきます。もとより私は仏教の専門家でもなく、塾長などとはおこがましい限りですが、大きな期待を持つ応援団長として、ダイナミックな場を創造していきたいと思います。時代を憂え、熱い思いを持つ方々の参加を心からお待ちします。

(仏教ルネッサンス塾塾長・上田紀行)


■2008年の講演
■ 臨時開催 ひと足先に「仏(ぶつ)リンピック」!
~悲しみと怒りのただ中から、いまこそ、慈悲ある世界を目指して~gorin.jpg講演会前情報>>【講師】上田紀行塾長【日時】2008年4月29日(火)12:00~15:00
■2007年の講演
■ 第25回  これから本番、仏教ルネサンス!-中締めのkannnonnseidou.JPG講演会前情報>>【講師】上田紀行塾長【日時】2007年4月21日(土)14:00~17:00
■ 第24回  ダライラマ法王との対談-仏教はいかに世界を救うか?-darairama.jpg講演会前情報>>【講師】上田紀行塾長【日時】2007年2月18日(日)14:00~18:00
■2006年の講演
■ 第23回  スピリチュアルケアと仏教の未来garann44.jpg講演会前情報>>【講師】井上ウィマラ氏 × 上田紀行塾長【日時】2006年12月10日(日)14:00~18:00
■ 第22回   日本仏教の可能性―仏教と倫理の関係を問い直すtaiyou024.jpg講演会前情報>>【講師】末木文美士氏(東京大学大学院教授)× 上田紀行塾長【日時】2006年10月8日(日)14:00~18:00
■ 第21回  世界仏教の現在-ダライラマ、ティク・ナット・ハン、そして同時代仏教の担い手たちkannnonn61.jpg講演会前情報>> 【講師】上田紀行塾長【開催日時】2006年8月6日(日)14:00~18:00
■ 第20回  仏教NGOの先駆者、有馬実成師を語る kannnonn71 - コピー.jpg講演会前情報>> 【講師】大菅俊幸氏(『泥の菩薩』著者)×倉科利行師×上田紀行塾長【開催日時】2006年6月17日(土)14:00~18:00
■ 第19回  私はスタンフォードで仏教をいかに論じたかgarann03.jpg講演会前情報>> 【講師】上田紀行塾長【開催日時】2006年3月25日(土)14:00~18:00
■ 第18回  日本でいちばん若者が集まるお寺~今なぜ仏教なのか、お寺なのか~index0613.jpg講演会前情報>>【講師】汐見稔幸氏(東京大学大学院教授)×秋田光彦一日塾長【開催日時】2006年1月28日(土)14:00~18:00
■2005年の講演
■ 第17回  マンダラの放つ光の世界-諸仏の微笑みに触れて-bind_89.jpg講演会前情報>>【講師】佐藤奈々子さん(写真家・歌手)× 町田宗鳳一日塾長【開催日時】2005年11月13日(日)14:00~18:00
■ 第16回  仏さまはどこに在(おわ)すか-日本人の仏・来世感覚について-bind_33.jpg講演会前情報>>【講師】佐々木宏幹氏(駒澤大学名誉教授)×上田紀行塾長【開催日時】2005年9月3日(土)14:00~18:00
■ 第15回  いのちとの対話ー在宅ホスピスケアの現場からbba63.jpg講演会前情報>>【講師】川越厚氏(在宅ケア支援グループ「パリアン」代表)×対本宗訓一日塾長【開催日時】2005年8月7日(日)14:00~18:00
■ 第14回  魂は学べるか? 密教の可能性を問うtibe1911.jpg講演会前情報>> 講演会報告>> 【講師】正木晃氏 ×上田紀行塾長【開催日時】2005年5月14日(土)14:00~18:00
■ 第13回 山川草木の成仏について 13houkoku044.jpg講演会前情報>> 講演会報告>>【講師】玄侑宗久師(臨済宗妙心寺派福聚寺副住職)×上田紀行塾長    →玄侑宗久師公式サイト【開催日時】2005年4月9日(土)14:00~18:00
■ 第12回 神と仏は共存しつつ平和をめざす!tennjou10.JPG講演会前情報>> 講演会報告>>【講師】鎌田東二氏(宗教学者)×上田紀行塾長【日時】2005年1月22日(土)14:00~18:00
■2004年の講演
■ 第11回 行動する仏教 エンゲイジド・ブディズムojizou1.jpg講演会前情報>>【講師】阿満利麿氏(明治学院大学国際学部教授・日本宗教思想史専攻)×上田塾長【日時】2004年11月6日(土)14:00~18:00
■ 第10回 現代の僧医をめざして kannnonn51.jpg講演会前情報>>【講師】対本宗訓師(禅僧・現在帝京大学医学部在学中)×上田紀行塾長    対本師HP>>【日時】2004年10月2日(土)14:00~18:00
■ 第9回 自律する個人が宗教化する時代 kannnonn31.jpg講演会前情報>>【講師】島薗進氏(東京大学教授・日本宗教学会会長)×上田紀行塾長【日時】2004年8月7日(土)15:00~18:00
■ 第8回 『がんばれ仏教!~お寺ルネサンスの時代』ya92.jpg講演会前情報>>講演会後情報>>【講師】上田紀行氏(仏教ルネッサンス塾塾長)上田塾長のHPはこちら>>【日時】2004年7月3日(土)14:00~
■ 第7回 『現代仏教徒はどこまで前衛的であり得るか』yabu41.jpg講演会前情報>>【講師】町田宗鳳氏(比較宗教学者)×上田紀行塾長    町田さんのHPはこちら>>【日時】2004年4月24日(土)14:00~
■ 第6回 「大洋的感情」ということ~親子関係と宗教感情の源泉~taiyou2.jpg講演会前情報>>【講師】芹沢俊介氏(評論家)×上田紀行塾長【日時】2004年2月15日(日)14:00~


■2003年の講演
 ■ 第5回 仏教ルネッサンス塾望年会~みんなで語ろう!~kaijou11.jpg講演会前情報>> 講演会後情報>>【講師】上田紀行塾長【日時】2003年12月13日(土)
■ 第4回 お寺はこんなにおもしろい~21世紀のお寺の可能性をひらく~mo11.jpgⅠ.ボーズ・ビー・アンビシャス講演会前情報>>【講師】高橋卓志師(臨済宗神宮寺住職) ×秋田光彦師(浄土宗応典院住職)【日時】2003年10月17日(金)~10月18日(土)
Ⅱ.お寺はこんなにおもしろい~21世紀のお寺の可能性をひらく~
ka111.jpg演会前情報>> 講演会後情報>>【講師】高橋卓志師 ×秋田光彦師 ×上田紀行塾長【日時】2003年10月18日(土)
■ 第3回 「癒し」から「仏教ルネッサンス」へ~私はなぜここにいるのか?~uee1.jpg講演会前情報>>【講師】上田紀行塾長【日時】2003年8月24日(日)
■ 第2回 「がんばらない」けどあきらめない~命を支えるということ~kamata1.jpg講演前情報>>  2回目報告>>【講師】鎌田實先生 ×澤口重徳師(正覚寺住職)×上田紀行塾長【日時】2003年6月28日(土)
■ 第1回 目指せ!元気な仏教seido21.jpg講演前情報>> 1回目報告>>【講師】上田紀行塾長 ×南直哉師(青松寺獅子吼林サンガ主幹)【日時】2003年5月17日(土)